2011/10/02

【動画】Live / ゲスバンド

2011/09/25 @THREE & BASEMENT BAR (下北沢)




フライヤーの写真を撮らせてもらったゲスバンドの結成初企画の映像をドキュメンタリー風に編集してみました。
これまでは動画つなげて書き出したり、色いじったりくらいでしか使ってなかったiMovieを初めて本格的に使ってみると、これがまたやりたいことなんにもできないアプリだったのに絶望して笑っちゃった笑
いやはや参りました、もうちょっとまともだと思っていたのになあ。
、という言い訳をまず最初に\(^o^)/
やっぱりしんどいのね動画編集も。目が疲れるし。パソコン重くなるし。
でもいいマシンでいいソフト使えたらもっとハマってしまいそうでゲス。じゅるじゅるり。

そんなこんなでイベントの感想をちょろっと。

日曜日16時スタートということもあってかop/stは割と空いてました。
THREEで乾杯を儀をやってそのままTHREEとBASEMENT交互に、しかも間髪入れずぶっ通しのライヴ天国、撮影が無ければしこたまビールのんで早々に潰れそうな面子でしたねホント。

フロアの盛り上がりは全体的におとなしめだったし、ゲスバンドの時でもフロアにある種の躊躇みたいなものがあったような印象は拭えなかったなと。
みんなもっと呑んでもってはしゃいだらいいなのになーあたしもカメラなければ大暴れしたいなーとウズウズしてしまいました。
それはほとんど一方的にゲスバンド(Creepy popしかり)を『それができるバンド』『そうしたら楽しいバンド』だと認識しているからなのかもしれません。
あたしはそれが悪い事なのか、良い事なのかとか、そういうことにはあまり興味がありません。
観る方がどうみようがあたしの勝手でしょという まあ傲慢といえるのかもしれませんけど。好きなもんな好き!ってこれ小学生みたいだけど、

あの人たちが地元のブスとヤッてそのまま打ち上げって聞いただけで楽しいそうじゃない。
バンドの界隈とか内輪とかの話っていろいろあるみたいだし、いろいろ言い訳がましく聞こえたり、否定派・肯定派エトセトラエトセトラエトセトラ。。。。
まああたしなんてバンドマンの端くれのほつれみたいなもんだからよく分からないけど、ああいう楽しいの大好きなのよね。
バンドの音楽性はやっぱりすごく重要な要素だし一番だと思ってるけど、佇まいとか、まあほんといろいろバンドを好きになる理由はあって、それはやっぱり人間としてどっかしらで関係していて、面と向かって話をしたこともあったり、少なからず知っている間柄の関係性、つながりっていう要素を抜きには考えられない事が多いなと最近よく思う。

もちろんしょっぱなから乾杯なんてしない普通のイベントだって好きです。
全然知らないバンド、演奏に一目惚れ?一聴惚れ?することだってあるし、酒呑んで酔っぱらってギャーギャー言いながらライヴみてるあたしみたいなのを、いつもの微笑ましい気持ちでみれないこともある(かもしれません)。
でもライヴハウス行ったらビールのんで酔っぱらいたいし、騒ぎたいし、まあ脱ぎたいし、楽しい事はやめられないね!

総括すると「メイクラブ1」は楽しかったし「ゲスバンド」はかっこよかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿